車は買取りの方が下取りよりも有利

車を売却したいと思うときというのは、車を買い換えようと思ったときでしょう。

ですから、車を売るなら、新車を買うときに下取りに出すのが普通と思っている人も多いです。

しかし、実際のところ、下取りよりも、買取りの方が高値で売れることが多いので、安易に下取りに出すのは損です。

なぜ、下取りよりも、買取りの方がいいのかというと、まず、下取りの場合は査定をするのは普段は新車販売を専門にしている人たちですから、査定が荒っぽくなりがちだということがあります。

例えば、ちょっとしたキズがあるだけでも大幅に査定価格がダウンしたりします。

一方、中古車買取りの専門店で買取りしてもらう場合は、ちょっとのキズや凹みなら、ほとんどマイナスにはなりません。

また、中古車買取りの専門店の方が、幅広いメーカー、車種の知識があるので、どんな車でも正確に査定できるというメリットがあります。

もちろん、下取りのほうが、購入と売却が一括してできるので楽というメリットはあるかもしれませんが、少しでも得をしたい人は下取りではなく買取りを検討しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>